クレジットカードプラス

JCB THE CLASS(ジェーシービー ザ・クラス)&アメックス(Amex,Amrican Express)ホルダーです。クレジットカードの話題を中心に、いろいろ書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮崎のシェラトン

ちょっと前ですが、宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに家族で泊まりに行って来ました。2月に予定していたんですが、2月の宮崎は、プロ野球やプロサッカーのキャンプで、予約が取りにくくなるらしいので1月に行きました。




クレジットカードプラス




JCBザ・クラスの付帯サービス、メンバーズセレクションを利用しての無料宿泊です。前回泊まりに行った時にもそうだったんですが、すごいなあと思うのは、無料宿泊なのに、アップグレードされたことです。(メンバーズセレクションのパンフレットに、空きがある場合はUG、と書いてはありますが)




25Fの高層階ツインルームへ。子供たちは添い寝です。ホテルの周囲には、高層ビルが全くありませんので、25階はそうとう高く感じます。部屋は50㎡と広いし、部屋からのオーシャンビューはかなり眺めが良く快適です。




アメックス・センチュリオンをはじめ、ホテルの上級会員資格が付帯するカードはいくつかありますが、ホテルの無料宿泊そのものがサービスで付帯するカードは、JCBのザ・クラスだけです。選択性ですが。




あと、レストランも眺めの良い席に案内されました。メンバーズセレクションを利用すると、いつも以上に、JCBザ・クラスってやっぱりいいなあ、と思います。









JCB≪ゴールドカード新規入会キャンペーン≫
スポンサーサイト
[ 2009/02/03 07:00 ] 九州の宿 | TB(0) | CM(0)

ルイ・ロデレール

先日、グランド・ハイアット福岡に家族で泊まりに行ってきたんですが、夜9時すぎから、ホテルのバーへ飲みに出かけました。この時間、嫁さんは子供たちを寝かしつけてますので、こういう時は、いつも一人でふらふらとバーに入っていくことになります。








グランド・ハイアット福岡には、2つバーがあって、一つはオープンな吹き抜けのバー・フィズ。ここは、音楽を演奏していてわりと賑やかな雰囲気です。




もう一つは、マティーニーズ。静かで落ち着いた重厚な感じのメインバーです。




週末ということもあり、バー・フィズの方は、やはりわりと賑やかな感じでしたので、マティーニーズに入りました。




ジャズが流れ、店内は静かです。カクテルは、自分で100種は作れますので、バーでは、珍しいシングル・モルトか、シャンパンを飲むことが多いです。








ちょうどドンペリ・フェアをやってましたが、ドンペリは何度か飲んだことあるので、飲んだことのないルイ・ロデレールというシャンパンをグラスで注文。




知らなかったんですがこのシャンパンは、ロシア皇帝アレクサンドル2世専用シャンパーニュとして特別に造られた「クリスタル・ブリュット」と同じルイロデレール社のメインシャンパンだそうです。




ブリュットで、かな~りうまいです。




ロシア皇帝アレクサンドル2世は、この味が好きだったんだ~、とか思いながら、しばしまったりと過ごしてきました。









一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!
[ 2008/11/21 07:00 ] 九州の宿 | TB(0) | CM(10)

由布院温泉 山のホテル 夢想園

先日、湯布院に行った際、せっかくなので温泉に入ってきました。




熊本の黒川温泉だと、日帰り入浴を受け入れている宿も多く(500円~)、


「入湯手形(1,200円)」を利用すれば、3軒の温泉を巡ることができます。








湯布院にも、日帰り入浴を受け入れている宿もあって、ガイドブックなどを見ながら探してみました。ただ、入浴時間が午後3時まで、とか早い時間で終わってしまうところが多いですね。




由布院温泉 山のホテル 夢想園へ。

ここで昼食をとり、温泉に入りました。




昼食は、食事処「胡桃家」で、てんぷらそば定食を。

(写真がなくてすいません。なにせカメラ&ケータイを持ち歩かないもので。


ちなみに今回の画像は、ホテルのパンフレットのスキャニングです)








わたしはかつて八ヶ岳南麓に暮らしていたので、蕎麦に関してはちょっとだけうるさいつもりなんですが、九州の蕎麦はこれまで美味しいと思ったことがありませんでした。しかし、胡桃家の蕎麦はなかなか美味しくいただきました。




それから、温泉へ。とあるガイドブックによれば、TV番組やCMなどで「湯布院の露天風呂」として登場する場合、大半はここなんだそうな。








かなり広く、男性用の露天風呂が約100畳の広さ。女性用はさらに広く、なんと約150畳という広さだそうです。写真のように由布岳が望め、眺望は最高です。

(日帰り入浴大人700円、子供600円)




由布院温泉 山のホテル 夢想園

http://www.musouen.co.jp

[ 2008/07/10 07:00 ] 九州の宿 | TB(0) | CM(16)

湯布院へ

知人が湯布院のギャラリーで個展をやってるので、仕事とプチ旅行を兼ねて


湯布院へ行ってきました。




ギャラリーは、湯布院の中心からは外れた場所にありますが、かの有名な


「山荘 無量塔」のわりと近くです。他にも、ご近所には SABI亭などモダンな名旅館もあり、なかなか良い場所でした。展示も良かったです。








今回は、日帰りなので宿泊はしていませんが、かねてより憧れの「玉の湯
」へ行き、ティールームでお茶を飲んだり、ショップで買い物をしたり、フロントで宿泊について尋ねたりしてみました。




玉の湯は、とにかく人気のある旅館で、GWや夏休みなどハイシーズンは、予約受付開始時間から15分くらいで、予約いっぱいになるらしいです。安くない(というかすごく高い)ですが、やはりなかなか予約が取れないんですね~




庭には、絶妙な大きさの野草が咲き乱れ、作家のC.W.二コルさんをはじめ文人のファンが多いからか、蔵書も多くおいてあり、談話室にはモーツァルトが流れています。全体的に明るく開放的で、とても柔らかく清らかな雰囲気でした。




湯布院 玉の湯

http://www.tamanoyu.co.jp/

[ 2008/07/08 07:00 ] 九州の宿 | TB(0) | CM(16)

ハイアット・レジデンシャルスイート福岡

福岡にはハイアット系ホテルが3つあります。まずキャナルシティにあるグランド・ハイアット福岡。次に、福岡駅近くのハイアット・リージェンシー福岡。そしてヤフードームにほど近い百道(ももち)にあるハイアット・レジデンシャルスイート福岡です。

http://www.hyatt-rsf.co.jp/








聞くところによると、もともとハイアット・レジデンシャルスイート福岡は中・長期滞在型専用として1週間単位以上での宿泊を受け付けていたようですが、2001年より一般的なホテルと同じように、1泊からの宿泊もできるようになったそうです。




先日、近くを通りましたので、ハイアット・レジデンシャルスイート福岡のフロントに行き、パンフレットをもらってきました。




敷地は思っていたより広く、いくつものタワー棟に分かれています。








部屋はわりと広い様子で、全室ミニキッチン(電子レンジ付)、乾燥機付洗濯機が備えられていて、高速インターネット回線も無料で利用できるようです。




ただし、ハイアット・ゴールドパスポートのポイントは加算されないとのことですが、ハイアット系ホテルにしては宿泊料もそれほど高くなく、のんびりと連泊したりするのに良さそうです。

[ 2007/10/11 07:00 ] 九州の宿 | TB(0) | CM(20)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。